本blogに書かれている内容は、記事を書いた時点での僕の知識や調査によるものです。そのため、僕の不勉強による間違いや勘違いがか書かれていることもあり得ます。記事の内容の真偽について、ご自身できちんと確かめて下さいますようよろしくお願いいたします。また、不適切な表現や間違えについては、ご指摘頂けると助かります。

searchとsearch for

僕は英語学習者ですが、英語を学習している中で「なるほど!」と思ったトピックをたまに紹介したいと思います。

今日は、「search」と「search for」の違いについてです。

辞書で「search」を調べると、

  • 目的語を伴う「他動詞」の用法として、「捜す」

  • 目的語を伴わない「自動詞」の用法として、「search for」で「捜す」

という2つの「捜す」の用法が載っています。

この違いを理解するためには「for」の意味合いに着目すると良いと思います。 「for」には「〜を求めて」という意味合いがあります。そのため「serach for」の場合は「〜を求めて捜す」という意味になります。よって、

We searched for the house.

の場合には、「私達は、その家を求めて捜した。」という意味になります。 すなわち、「その家」がどこにあるかわからず「捜す」という際には、「search for」を使うことになります。 一方で、

We searched the house.

の場合には、「私達は、その家の中を捜した(調べた)。」という意味になります。 このことから

I searched the house for my wallet.

という言い方で出来ることが自然に思えます。 この場合は、「私の財布」が行方不明になっていて、「私の財布を求めて、家の中を捜した(調べた)。」という意味になります。