読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
本blogに書かれている内容は、記事を書いた時点での僕の知識や調査によるものです。そのため、僕の不勉強による間違いや勘違いがか書かれていることもあり得ます。記事の内容の真偽について、ご自身できちんと確かめて下さいますようよろしくお願いいたします。また、不適切な表現や間違えについては、ご指摘頂けると助かります。

【本】中室牧子・津川友介『「原因と結果」の経済学』

よく「相関と因果」は違うと言われるが、では、ある2つの変数間に単なる「相関」ではなく「因果」であることを示すためにはどうすればよいのか? 本書では、この問いに答えるためには「現実」におこっている結果と、「反事実」(実際はそうではないが、もし○○していなかったらどうなっていたか?)における結果を比較することが必要がある、と最初に簡潔に述べられています。 しかし、「反事実」における結果というものは、実際には存在しません。 では、どうすれば良いでしょうか? 答えとしては「反事実」っぽい状況で置き換えるという手段を用いる訳ですが、そのいくつかの方法について「ジュエリーショップの広告と売上」を例に述べられています。

具体的には、本書内では

  • ランダム化比較試験
  • 自然実験
  • 差の差分析
  • 操作変数法
  • 回帰不連続デザイン
  • マッチング法
  • 回帰分析の利用

について紹介されています。

どの方法論についても、概略(イメージ)を丁寧に説明されているので、それぞれの方法論を概観しようと思う場合には、本書は適していると思います。 一方で、実際に自分のデータを解析しようと思った場合には、この本を読んだだけでは難しいでしょう。 この本で、因果推論のイメージを掴んだ上で、本格的な本に進むと良いと思います。

「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法

「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法