本blogに書かれている内容は、記事を書いた時点での僕の知識や調査によるものです。そのため、僕の不勉強による間違いや勘違いがか書かれていることもあり得ます。記事の内容の真偽について、ご自身できちんと確かめて下さいますようよろしくお願いいたします。また、不適切な表現や間違えについては、ご指摘頂けると助かります。

【本】池井戸潤『鉄の骨』

やや時間がかかってしまったけど、僕にしては分厚い文庫(600ページ以上)である、池井戸潤『鉄の骨』を読破しました。 簡単に言えば、公共事業をめぐる談合を話題にした作品です。 特に後半の展開は面白く、先が気になりどんどん読めてしまいました。

次こそは、買いだめしてあった『不祥事』を読みたいと思います。

鉄の骨 (講談社文庫)

鉄の骨 (講談社文庫)