本blogに書かれている内容は、記事を書いた時点での僕の知識や調査によるものです。そのため、僕の不勉強による間違いや勘違いがか書かれていることもあり得ます。記事の内容の真偽について、ご自身できちんと確かめて下さいますようよろしくお願いいたします。また、不適切な表現や間違えについては、ご指摘頂けると助かります。

【本】池井戸潤『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』

Kindle購入のその後ですが、結論から先に言うと、「購入して大正解でした!」です。

僕の場合は、Kindleで読書するようになってから、読書量が2〜3倍になったと思います。 Kindleを開けば、すぐに前回の続きから読めるようになります。 そのため、中途半端な部分で読書を中断しても、なんら問題ありません。 ということで、読書を開始するための心理的ハードルがかなり下がり、ちょっとしたスキマ時間でも読むことができるようになりました。

さて、Kindleを購入してから、池井戸潤『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』の2つを読みました。 半沢直樹シリーズの第1段と第2段です。

ドラマは、2年くらい前にバンクーバーに出張で行った時の行き帰りの機内で見ました。 その原作が以前から気になっていたので、今回読んでみました。

とてもおもしろかったので、一気に読むことができました。 第3段と第4段も出版されているので、これらも読みたいと思います。

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

オレたち花のバブル組 (文春文庫)

オレたち花のバブル組 (文春文庫)