本blogに書かれている内容は、記事を書いた時点での僕の知識や調査によるものです。そのため、僕の不勉強による間違いや勘違いがか書かれていることもあり得ます。記事の内容の真偽について、ご自身できちんと確かめて下さいますようよろしくお願いいたします。また、不適切な表現や間違えについては、ご指摘頂けると助かります。

【本】永田靖『品質管理のための統計手法』

永田先生が書かれた統計手法に関する本は、非常にわかりやすくかつ、補足などにはかゆいところに手が届く記載があるため、僕は結構好きです。 そのため、永田先生が書かれた本のうち、超入門書である『品質管理のための統計手法』を読んでみました。 仕事の合間に、ちまちま目を通すといった読み方でも1週間ほどで読み終えました。

この本では、以下の事柄について、それぞれ数ページで解説されています。

  • データのまとめ方
  • 確率分布(正規分布
  • 統計的憶測(点推定、区間推定、検定)
  • 実験計画法(分散分析)
  • 多変量解析法(単回帰分析、重回帰分析、判別分析、主成分分析)
  • タグチメソッド(パラメータ設計、MTシステム)

それぞれの手法に関して数ページしか割かれていないため、この本を読んでも統計解析ができるようにはならないと思いますが、まずは伝統的な統計手法について概観したい場合には適した本かと思います。 ただし、タイトルに『品質管理のための』とあるように、例が「品質管理」に関するものです。 そのため、一般的には(他分野の人にとっては)少しマイナーで直感的にわかりにくいものもあります。 また、品質管理特有の話が書かかれている章・節もあります。 しかしながら、統計解析やってみたいけれども、どこから手をつけたらよいか・・・というような方にはオススメできる一冊だと思います。

一方で、わかりやすさを優先しているため、厳密には間違っている記載もあります。 (当然ながら、永田先生が間違って理解している訳ではないです。) 厳密な記載を求める場合は、永田先生が書かれた『入門 統計解析法』で同じ手法の箇所を読むことをオススメします。 こちらの本はタイトルに『入門』とある通り、たしかに各々の事柄について初歩から書かれていますが、最終的にはかなりマニアックなことも書かれています。 『入門 統計解析法』まで、すべて読み通して理解できれば、伝統的な統計解析手法については、かなり詳しくなれると、僕は思います。

品質管理のための統計手法 (日経文庫)

品質管理のための統計手法 (日経文庫)

入門 統計解析法

入門 統計解析法